Y51フーガ サイドマーカーのカスタマイズ

crew-rです。

今回は車のカスタマイズの手始めに灯火類のコーディネートをしてみたいと思います。

具体的にはヘッドランプ内やリアコンビランプ、サイドマーカー(ウインカーランプ)のオレンジ色のランプバルブをクロームメッキされた物に交換することでクリアーに見せる技のひとつです。

ヘッドランプやリアコンビランプは裏側からランプバルブを取り外せるのですがサイドマーカーは今回のY51フーガも含めて分解不可の物があります。

しかし、どうしても手を加えたい。

こんな時の裏技を御紹介します。

スポンサーリンク

裏側から一度切断する

そもそもなぜ分解するのか

それは中のオレンジ色のランプバルブを取り出してクロームメッキのランプバルブに付け換えるためです。

分解不可なら裏側からカットしてランプを取り出せるようにしようという発想です。

しかし 切断面は再度接合しなければならないので なるべくきれいな切り口にする必要があります。

精密ノコギリを使用する

切り口をなるべくきれいにするには刃の細かい精密ノコギリを使用すると良いでしょう。

再度接合する際は接着剤を塗布しますが 接合面を確保できるので接着しやすくなります。

大きさは果物ナイフ位です。フニャフニャせず なおかつ先の細い物が望ましいです。

どのように切断するかを決め マーキングする

切断するにあたり、どこまで切ればランプを取り出せるのかを見極めて なるべく最小限度のカットで済むようにする必要があります。強度を維持するためです。

カット範囲が決まったらマジック等で切り取り線をマーキングします。

切断していく

描いた線に沿ってカットしていきます。

 

この部位はある程度切れ込みが入ったら あとはカッターを刺し込んで切っていきます。

切断できました。

これでランプバルブを交換できます。

ランプバルブを交換後 切り口に強力な瞬間接着剤(ジェルタイプが良い)を塗布して接合します。

接着剤が乾いたらさらに上から水密用のシリコン剤を塗布します。

ある程度乾いたらエレガンススモークのスプレーで表面を着色します。

着色前と着色後

着色後は2~3日間乾燥させて完成です。

車に装着した様子

クロームメッキのランプバルブは保安基準に適合した物を選びましょう。

一部 格安で販売されているものがありますが灯火時 視認性が悪いのが見られます。点灯時はちゃんとオレンジ色に光らなければ意味がありません。

 

エレガンススモークスプレーの御紹介広告はこちら

ダイヤワイト レンズ用透過性着色剤 ビッグテール ライトスモーク 210ml 63

価格:2,300円
(2020/3/3 09:40時点)
感想(2件)

まとめ

いかがですか?

ひと手間かけてやると一味違った雰囲気を醸し出す事ができます。

中にはLEDを埋め込んで鮮やかに光らせるツワモノもいます。

 

ランキングに参加しています。良かったら見て下さい。

カー用品・装備ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました